白い歯

歯科でホワイトニングをしよう|歯の黄ばみや汚れもイチコロです

矯正装置が見えない

白い歯

歯並びを改善することで、印象だけではなく口内環境を良くすることができるのです。歯並びが悪い状態だと十分に歯磨きをすることができなくなるので虫歯や歯周病を発症させてしまいます。歯並びがデコボコとしていることから、歯ブラシを均一にあてることができず、口内の隅々までしっかりと磨くことが困難になるのです。早いうちから歯並びを整えることで口内トラブルを防ぐことが可能になります。矯正治療を行なうことで、整った歯並びにすることができるのです。矯正治療には矯正装置を使用する必要がありますが、装置にも種類があります。一般的な矯正装置として多くの矯正歯科で使用されているのがブラケットです。ブラケットはワイヤーを使用するので歯の位置を微調整することが可能なため、理想の歯並びにすることができます。しかし、ワイヤーが見えてしまうことから抵抗を感じる人も多いのです。痛みを感じてしまうこともあるので、患者に負担がかかってしまいます。裏側矯正をすることで、装置を隠しながら治療を受けることができるのです。裏側矯正の場合、装置を歯の内側に取り付けるので口を開けても装置が見える心配はありません。歯の1本1本に矯正装置を取り付けられることから、ワイヤーを使用することがないのです。歯の根元に付けるので口内に負担をかけることはありません。裏側矯正をすることで、負担なく治療をすることが可能になるのです。初めて矯正治療を受ける人や、矯正装置が見えるのを防ぎたい場合や裏側矯正を選ぶと良いでしょう。